ウォーターサーバー 福岡

ウォーターサーバー、人気の会社は何がいいの?比較してみよう

ウォーターサーバーを扱っている会社は、大きいところから小さいところまで合わせるとかなりの数存在しています。インターネット上にもウォーターサーバーの人気ランキングがまとめられたサイトがいくつも存在しています。しかし、実はいくつかのサイトを比べてみればわかることなのですが、上位に来る会社は意外なことにだいたい決まっているというわけでもないのです。

それには、アンケートを取った地域によって宅配エリアになっている業者が違うことなども理由として考えられますが、実際には利用している人が何を重視しているのかによって変わってくるということが理由として挙げられます。つまり、各会社それぞれが力を入れているところが違うということですね。

それでは、ウォーターサーバーの導入を考える際の参考として、会社によってどのようなことに力を入れているのか、見てみましょう。まずは、美味しい水を飲みたいという要望から導入されることが多いウォーターサーバーなので、当然水自体にこだわっている会社が多く存在します。

そのため、天然水を扱っている会社によっては、いくつかの採水地の中から自分好みの水を選ぶことができるという仕組みになっているところもあるのです。赤ちゃんがいる家庭には、天然水ではなく人工的に不純物を取り除いたピュアウォーターを扱っている会社が人気です。

次に、利用する際のコスト面に関して、より利用しやすい料金にすることにこだわっている会社もあります。水だけの値段を考えると、ある会社が飛びぬけて安く提供しているというデータがあります。もちろん、水の味や安全性に問題はありません。これは、水の種類の違いによるところも大きいので一概には言えませんが、安全な水を安く手に入れたい人で、さらに家族が多いなど多くの水を利用する人にとっては嬉しい話です。

また、ウォーターサーバーのレンタル料やメンテナンス料も含めて考えた場合のトータル費用を安くあげているところもあります。この場合、水の消費量がそれほど多く無い家庭にとっては、水自体の費用ではなくトータルの値段が安い方が助かることもありますので、家族構成や自宅での利用かオフィスでの利用かによってもどちらがお得に利用できるのかが変わってきます。

それから、メンテナンスに関して利用しやすくなるように、ウォーターサーバーの作りに力を入れているところもあります。業者に頼んだり、自分でしたりするような大掛かりなメンテナンスが必要ないように、内部に取り込む空気まで綺麗にするシステムを搭載することによって、より使いやすくなることを目指した機種を扱っているところもあります。日常的な手入れが欠かせないのはこの機種でも同じですが、定期的な大がかりなメンテナンスが必要ないことで、かなり使いやすくなっています。

総合ランキングは、こういった各会社の取り組みを元に、使った人がどれくらい満足しているかということから出されていますので、ある程度は参考にできます。しかし、最初に挙げたようにランキングサイトによってかなりばらつきがあるので、自分が何にこだわりたいのかをまず決めて、それに関するランキングで上位に来る会社を選ぶようにすると、より自分に合ったウォーターサーバーを見つけることができます。

各ランキングで人気のある会社は、それぞれ何か強みを持っているということですね。その強みとするところで、求めたいものは何かを考えながら、会社を選ぶようにしましょう。

場所がなくても置くことができる!卓上ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーは、いつでも安全でおいしい水が飲める、お湯もすぐ使えるなどとても便利なものなので、設置したいという人も増えています。しかし、本体が大きいため、どうしても設置に場所を取ってしまうという問題点もあります。そのため、置くスペースを確保できないこともあります。

また、大きなウォーターサーバーを室内に置くことに、見た目や部屋のイメージの問題で抵抗があるという人もいるでしょう。一人暮らしの人なら、そもそもそのスペース自体がないこともあります。そのために設置をあきらめているという人も、もしかしたらいらっしゃるのではないでしょうか。そのような人には、卓上ウォーターサーバーがお勧めです。

卓上ウォーターサーバーは、コンパクトな設計となっているウォーターサーバーなので、テーブルの上や棚の上などに、スペースを取らずに手軽に設置することが可能です。これなら、置く場所がなかったり、見た目を気にして今まで設置しなかったりしていたという人に取っても嬉しいですし、一人暮らしの人でも利用しやすくなりますよね。

また、本体が小さいため、水の交換をする時にも楽に交換できるというメリットがあります。さらに、小さなお子さんがいらっしゃる家庭にとっては、子どもの手が届かない高さに設置できるということもメリットとなります。ウォーターサーバーにはお湯が出るコックがありますので、それによる事故を防ぐ意味で、高い所に設置できるタイプがあるのは子育て中のお母さんにとっては助かりますね。

利用方法自体はもちろん床に置く大きなタイプのウォーターサーバーと全く変わらず、冷水も温水も利用できますし、同じように水の宅配もしてもらうことができます。そのため、置き場所などの問題から設置を悩んでいるのであれば、コンパクトな設計になっている卓上ウォーターサーバーの利用も検討してみましょう。

卓上のウォーターサーバーを取り扱っている会社も増えていますので、デザインにこだわって選ぶことも可能です。大きさの問題がなければ使ってみたいと思っていた人は、こういう機種を有効利用してみましょう。

水の宅配を頼みたい時、契約はどうする?その方法と注意点

多くの人に利用されているウォーターサーバーですが、実際に導入を考えるのなら、申し込みをして契約するという手続きが必要になります。契約すること自体はとても簡単で、希望する会社によって方法に多少の違いはありますが、多くの場合電話やインターネットを通しての申し込みをし、契約することで簡単にウォーターサーバーを導入することができます。

その後の流れとしては、業者によってかなり変わってきますので、業者を選ぶ時にはそういったことを知った上で選ぶ必要があります。まずは、本体を業者が設置してくれるところです。設置から説明まで、実際に家まで来てしてもらえます。それに対して、サーバー本体が宅配便で送らてくるというところもあります。その場合は設置は自分でするということになりますね。サーバー本体も、買い取りが必要なところもありますし、有料レンタル、無料レンタルなど料金形態は様々です。

また、ウォーターサーバーを安全に利用するためには、定期的なメンテナンスが欠かせないのですが、そのメンテナンスも業者がしてくれるところもあれば、セルフメンテナンスとなっているところもあります。また、ウォーターサーバーの種類によってはメンテナンス不要となっていることもあります。

メンテナンス費用も無料のところや有料のところ、セルフメンテナンスとなっていて、専用キットが必要なら有料で販売する形を取っているところなど、様々です。そのため、ウォーターサーバー本体に関してだけではなく、メンテナンスに関してもチェックが必要です。

レンタル料が無料でもメンテナンスは有料、逆にレンタル料にメンテナンス料が含まれているためメンテナンス料は無料など、いろいろな組み合わせがあります。ここまで見ただけでも、業者によってかなりの違いがあることがおわかりいただけたと思います。

さらに、契約の際には機種を変更することや、解約する時のことも頭に入れておかなければいけません。契約するときは、そういったことはあまり考えたくないものなのですが、いつまでも使い続けるとは限らないことから、解約時の取り扱いも知っておく必要があります。

本体が買い取りの場合、不要になったときの処分はどうすればいいのかわからないと、大きなウォーターサーバーの処分に困るということにもなりかねません。業者が引き取ってくれるのか、その際に料金が必要なのかどうかはあらかじめ確認しておきましょう。

また、次はレンタルでウォーターサーバーを設置した場合になりますが、機種変更もしくは解約をする時に知っておかなければならないのは、解約手数料が必要かどうかということです。これも様々な形があり、何年利用しても解約手数料は一律のところもあれば、利用年数が長くなるほど金額が安くなるところもあり、中には無料といったところもあります。同じように返却費が必要な場合もあります。

機種変更も、これらの手数料がかかる場合もあれば、一定の年数や回数による制限が設けられており、その基準によって無料になる場合と有料になる場合があるなどの取り決めがされていることもあります。

以上のことからおわかりいただけるように、ウォーターサーバーを設置する場合、業者によってどこで費用がかかるのかが全く変わってくるということです。そのため、好きな水の種類やウォーターサーバーのデザインなどで選ぶのもいいのですが、実際に利用することを考えて、実際に契約する前に料金設定について理解しておく必要があるということです。

なぜオフィスで水の宅配が利用されているの?その目的とは

今や家庭でも利用する人が増えたウォーターサーバーですが、これは家庭に限ったことではなく、オフィスでもウォーターサーバーは活躍しています。家庭で利用するメリットとしては、美味しい水が安全に飲める、水を宅配してもらえるため、自分で買い物に行ったり持ち運んだりする手間が省けるといったことが挙げられます。

それでは、家庭よりも多くの人数が利用するオフィスでウォーターサーバーの普及率が上がっている理由は何なのでしょうか。見てみたいと思います。

まずは、家庭に置くウォーターサーバーと同じ理由で、美味しくて安全な水が飲めるということです。そういう水を提供することによって社員の健康維持を図ったり、リフレッシュしたりする効果を狙っています。また、お客様に出すときにも、そういった水の方が安心して利用できるという点からも支持されています。

次に、経費節減です。電気ポットを利用するときには、保温のためよりもお湯を沸かすための電力の方が高くつくということは皆さんご存知だと思います。多くの人が利用するオフィスでは、電気ポットだと容量が限られるため、何度もお湯を沸かす必要が出てくる場合もあります。そうなると、沸かすことなくすぐに利用できるウォーターサーバーを利用した方が、電気代を節約することができるということです。

また、オフィスならではの理由からウォーターサーバーの利用を検討する場合もあります。それは、お客様を迎える機会が多いということです。急な来客であっても、会社という立場上すぐに対応してお茶などを出す必要があります。そのようなとき、ポットの残りのお湯が少ないなどの事情があればもたついてしまいますが、ウォーターサーバーがあれば常時お湯も利用できるため、急な来客にあわてる必要がなくなります。

さらに、万が一災害などがあって水道が止まってしまったことを考えると、ウォーターサーバーを利用していることによって一定量の飲み水は確保できるため、そういったことに備えての備蓄水の役割を果たしてくれるものでもあります。

以上のような理由で利用するウォーターサーバーなので、オフィスに導入する際には特にどのウォーターサーバーを利用するかをよく検討する必要があります。それは、ウォーターサーバーは利用する会社によってコストが大きく変わってくるものだからです。

そのため、水の値段には注意が必要ですし、それだけではなくサーバーのレンタル料、それからメンテナンス費用がどのような扱いになっているのかも調べておく必要があります。ウォーターサーバーの種類によっては、メンテナンス不要のものもありますので、利用する人が多いオフィスに導入するのであれば、メンテナンス不要のタイプを選ぶことも1つの方法です。

オフィスに置くことによってメリットの多いウォーターサーバーなので、色々比較してより便利にお得に利用できるものを見つけたいものです。

一度設置したらどれくらい使えるの?ウォーターサーバーの耐用年数

ウォーターサーバーを導入する際には、レンタルするという方法を取っている会社と、購入するという方法を取っている会社があります。レンタルであっても、設置してから年数が経っていればこのまま使い続けていても大丈夫なのかと思いますよね。さらに、サーバー本体を購入する場合は特に、一度設置したウォーターサーバーはどれくらいの間使うことができるのかということは気になるところです。

ウォーターサーバーの耐用年数は、一般的には7年から10年くらいだとされています。そのため、買い取りが必要な会社で購入する際には、それくらい経ったら買い替えが必要であることを知った上で購入する必要があります。

それではレンタルした場合はどのような扱いになるのかというと、これは耐用年数を気にする必要はないというのが答えになります。というのは、多くの会社で会社によるメンテナンスを行っており、その状態によってはウォーターサーバーが古くなっていれば交換してくれることもあるからです。

また、多くの業者が、その場でメンテナンスをするのではなく、今使っているサーバーを引き取って帰り、代わりに別のサーバーを設置するという形を取っています。メンテナンスは持ち帰った先で専門の人がきちんとしてくれますので、この形であれば状態の良いウォーターサーバーを引き続き利用できるということになりますね。

それから、ウォーターサーバー自体のデザインも、新しいものが次々出されています。使っているうちに、そちらのタイプの方がいいと思った場合、レンタルのサーバーであれば今使っているものを解約して新たに契約し直すということもスムーズにできます。

ただし、会社によってはメンテナンス自体を自分でしなければならないという取り決めになっているところもありますので、注意が必要です。また、サーバーの種類によってはメンテナンスが不要のタイプもありますので、そのような時には事前に古くなったらどのような扱いになるのかを確認しておく必要があります。

そのため、ウォーターサーバーを設置する時には、メンテナンスの扱いがどのようになっているのか、機種を交換したくなった場合にはどのような手続きをすればいいのかなどをきちんと知った上で契約をすることが必要となります。引き取りに手数料がかかるのかどうか、解約するのであれば手数料はどれくらいなのかなど、事前に知っておけば次にどうするのかが考えやすくなります。

したがって、まずはウォーターサーバーはレンタルがいいのか買い取りをするのかから考えなければいけませんね。ウォーターサーバーも家電製品の一種なので、耐用年数があることを知って、長くお得に使い続けられる会社を探して契約するようにしましょう。

種類が豊富なウォーターサーバー、インテリアに合わせて選べます

好みの天然水を宅配してもらうことができたり、赤ちゃんに適した水であるピュアウォーターを選ぶことができたりなど水を選ぶことができる、自分で重い水を買って運ばなくてもいいなど、ウォーターサーバーには便利な点が多くあります。そのようなウォーターサーバーですが、実物を目にされた方ならおわかりのように、やや置き場所を取るものでもあります。

そのため、自宅であればどうしても部屋の中に置くことが多くなります。そうなると、統一感を持って部屋のインテリアを選んでいる人にとっては、デザインが気になることもありますよね。また、薬局や美容院などで利用するのであれば、お客様からの見た目も気になるところです。

そこで、ウォーターサーバーを利用している人の中には、水の美味しさや安全性はもちろんのこと、デザインにもこだわりたいという人もいます。そのため、最近では1つのメーカーだけでも様々なデザインのウォーターサーバーが作られるようになっています。また、同じデザインのものでも、色違いも用意されています。

そのため、室内のインテリアに合わせて雰囲気を損なわないようなデザインのものを探して使用するということも可能になっています。会社によっては、水を出す部分のコックの形まで選ぶことができるようになっているところまでありますので、細部にまでこだわりたい人であればそのような会社を探して注文するのもいいですね。

ところで、ウォーターサーバーをが便利なことは知っていても、その大きさから置くのは難しいと思っている人はいらっしゃらないでしょうか。そういう人には、卓上タイプのウォーターサーバーも存在します。このタイプなら、置き場所にも困りませんし、ウォーターサーバーが目立つことに抵抗があるという人は、こういったタイプを利用することで室内のインテリアに合わせることも可能ですね。

安全で美味しい水を飲むためという本来の目的に対する配慮はもちろんのこと、デザインにもこだわったウォーターサーバーがあることは、使う側からすれば嬉しいことです。いろいろあるサーバーの中から、自分好みのものを見つけるのもまた楽しいので、ウォーターサーバーを探している人は、デザインで比べてみるのもいいかもしれません。

ウォーターサーバーとはどんな物?詳しく知りお気に入りを見つけよう

最近あちこちで見かけるウォーターサーバーですが、なぜこんなにウォーターサーバーが普及しているのでしょうか。それを見て自分の家にも置きたいと思っている人もいるかもしれませんが、どのように便利なのかがわかれば導入するかどうかを検討しやすくなりますよね。そこで、ウォーターサーバーとはどんな物なのかを見てみましょう。

ウォーターサーバーとは、簡単に言えば大きなタンクがあり、タンク内の水がウォーターサーバー内に取り込まれ、そこで適度に冷やされたり温められたりした水がコックをひねることで供給される仕組みになっている機械です。

ウォーターサーバーを導入したきっかけとして多いのが、美味しい水または安全な水を飲みたかったということです。水道水も、もちろん基準を満たしたものが送られているのですが、どうしても消毒の際のにおいが気になるといった声もあります。そのような人にとっては、水の種類も選べ、さらに天然水を扱っている業者であれば採水地まで選べるということもあり、人気となっています。

次に、そういった水を利用したい人であれば、お店でペットボトルを買うという手段も当然考えられるのですが、水を多く利用する人であればあるほど、その買い物の手間や持ち運びの際の重さが問題になるということです。また、ペットボトルを利用すると、ごみの処理にも手間暇がかかりますよね。そういった意味で、水を宅配してもらえ、ボトルを取り換えた後にはボトルを回収してもらえたり小さくつぶれて簡単に処理できる作りになっていたりするウォーターサーバーの便利さが注目されているのです。

定期配送の業者を利用すれば、注文の手間も無く定期的に配送してもらえますし、水の使用量に合わせてその都度注文する方法が取られている業者もありますので、それなら使いたいだけ使うことができますので、好みに合わせれば水の使用量が問題になることもありません。

そして、実際に使った人がその便利さに気付くのが、いつでも冷水・温水の両方が利用できるということです。ちょっとお茶を飲みたいと思った時に沸かす手間がかからず、いつでもすぐにお湯が使えます。ポットを使っていても同じことではありますが、ポットだと気付いたらお湯が足りなかったということもありますよね。その点、ウォーターサーバーならすぐに水の残量がわかるので、そういった心配をすることもありません。

また、お水とお湯の両方が使えることによって、それらを混ぜれば好みの温度の水がいつでも作れるというところにも便利さがあります。薬を飲むためにぬるま湯がほしい、赤ちゃんのミルクに使うお湯を作りたいなど、使いたい内容に合わせてすぐに温度調節ができることも魅力となっています。

ウォーターサーバーを扱っている会社は現在たくさんあり、水の種類もサーバー自体のデザインもそれぞれ違います。そのため、便利なウォーターサーバーを自分好みで選ぶことによって、より快適に使用することができそうですね。好きな味の水を選んだり、室内のインテリアと合いそうなデザインのものを探したりしながら、便利な生活を楽しみましょう。

安全な水が飲めるウォーターディスペンサー、維持費はどれくらい?

最近、病院や薬局、美容院などあらゆるところでウォーターディスペンサーを見かけるようになりました。安全でおいしい水が飲め、さらに温水・冷水どちらもすぐに利用できることがとても便利なウォーターディスペンサーを、家庭に導入する人も増えています。

そんなウォーターディスペンサーを取り扱っている企業は多くあり、ウォーターディスペンサー本体のデザインや使いやすさ、水の種類など、自分がこだわりたいところにこだわって選ぶことが可能になっています。しかし、それを家庭に導入するとなると、ウォーターディスペンサー本体の値段はどれくらいなのか、電気代はどれくらいかかるのかなど、気になるところがたくさん出てきますよね。

それでは、そのウォーターディスペンサーの維持費がどれくらいかかるのか、見て行きたいと思います。これは、結論から言うと会社それぞれということになります。しかしそれでは選ぶのに困りますので、料金はどのようにして決められているのかを確認してみましょう。

まずは、ウォーターディスペンサー本体についてです。ウォーターディスペンサーを設置する方法として、本体を購入するシステムになっているところと、レンタルになっているところがあります。購入する場合には当然代金が必要となります。また、レンタルする場合にも、レンタル料は無料のところと、レンタル料が必要なところがあります。レンタル料金の目安は月に1000円前後ですが、これも会社によって設定は様々です。

それでは、レンタルにしてレンタル料が無料のところを選べば得になるのかと言うと、一概にそうとも言えません。それは、メンテナンスに料金がかかるかどうかもまた会社によって違うからです。レンタル料が有料のところには、メンテナンス費用が組み込まれていることが多くなっています。そのため、レンタル料だけを見てどちらが安いのかを決めるのではなく、メンテナンス費用も含めて総合的に判断する必要があるということですね。

また、ウォーターサーバーの種類によっては、メンテナンスが必要ないように作られているものもありますので、このタイプを選ぶ場合はメンテナンスのことは考えなくてもいいことになります。さらに、メンテナンスが必要でも全部自分でするようになっているとこともあります。料金的に言うとそちらの方がお得になりますが、ウォーターディスペンサーを安全に使用することや、手間のことも考えに入れて、どちらがいいのかをよく考えなければいけません。

次に、定期的に必要となる料金についてです。これは、水の料金と電気代ということになります。水の料金も会社ごとに違いがあるため、料金で選ぶのかそれとも味や水の種類にこだわるのかによって変わってきます。これは水を利用する量にもよりますので、各家庭ごとに違うと言ってもいいものです。

そして、電気代はだいたい月に1000円前後というのが目安として言われています。ウォーターディスペンサーの種類によっては、省エネモードが利用できるものもあります。以上のように、ウォーターディスペンサーはどの会社を利用するのかによってかなり料金設定が変わるものです。それを知った上で、負担にならない範囲で利用できる会社を探してみましょう。

水素水はなぜいいの?水の宅配で健康的な生活を送ろう

水素水というのは、言葉の通り水素分子を含んだ水のことです。なぜ、水素水が体にいいと言われているのかと言うと、水素には抗酸化作用があるからです。酸素は人間の体にとって必要なものですが、その酸素が消費される過程で一部が老化や生活習慣病などを引き起こす活性酸素に変化することが知られています。

そのため、その活性酸素を除去することが健康を維持し、病気を予防することに繋がるのですが、この活性酸素を取り除くために抗酸化作用を持つ水素水が役立つのです。しかし、水素を含んだ水を選んで買うとなると、なかなか手間がかかりますし、値段の問題もありますよね。そのようなときに役に立つのが、水素水を自宅で利用することができるウォーターサーバーです。

このウォーターサーバーは、一般的にサーバーをレンタルして水自体を宅配してもらうものとは少し違い、自宅の水道水を利用して水素水を作り出すという仕組みになっています。そのため、宅配してもらうのは水自体ではなく、自宅で水素水を作り出すためのフィルターやそのためのサーバーということになります。

それではそのフィルターはどれくらい利用できるのかと言うと、年に1回程度の交換で大丈夫です。会社によって違いがありますが、一般的に水を宅配してもらうタイプのサーバーはレンタル料が無料のことが多いですが、このタイプのサーバーにはレンタル料がかかります。

しかし、その分メンテナンスは会社が行ってくれ、必要に合わせてフィルターなども取り換えてもらうことができるため、安心して利用することができます。また、本体の保障のための料金も全てレンタル料に含まれているため、故障などの時もきちんと対応してもらうことが可能になっています。

ただし、会社によるメンテナンスとは別に、日常的な手入れが必要になることは従来のタイプと同じです。どんなに良いものでも、掃除をせずに使うと汚れたり不具合が起こったりするものなので、それは当然のことと言えますよね。日常的な手入れさえ欠かさなければ、ウォーターサーバーをレンタルし、定期的なメンテナンスを受けるだけで、水道水を利用して体に良い水素水が毎日飲めるということです。

そのため、健康に特に気を遣いたいという人は、もちろん従来のウォーターサーバーでもいいのですが、自宅の水道水を利用して水素水を作ることができるタイプのウォーターサーバーの設置を検討してみることをお勧めします。

ウォーターサーバーで使う水、通販で申し込めば便利に利用できる!

ウォーターサーバーを利用したい理由として上位に来るものに、重い水をたびたび買ったり運んだりする手間が省けるというものがあります。水の味の良さや安全性を求めて、ペットボトルの水を利用しているという人は多いのですが、やはり問題になるのは手間と持ち運びの際の不便さです。そこで、それらの問題を解決する方法として、ウォーターサーバーを設置することを検討する人が増えています。ウォーターサーバーの利用を検討する人であれば、水を多く利用しているでしょうから、それもよくわかります。そこで、ウォーターサーバーを自宅に置く場合、水の注文はどのようにすればいいのでしょうか。まず、初回の注文ですが、これはウォーターサーバーのレンタルも含めて行うことになります。インターネットや電話、ファックスなど、複数の申し込み方法を設けている会社が多くなっていますので、都合に合わせて申し込み方法を選ぶことができます。ウォーターサーバーの設置が終わったら、次回の注文から水は通販で手に入れることができますので、それ以降は自分で水を買いに行く手間はかからないということですね。その方法ですが、これはサーバーをレンタルした会社によって異なります。大まかに分けると、定期的に配送されるところと、追加注文をすると配送されるところとに分かれます。水を飲む量がだいたい決まっていて、その都度申し込むのは手間がかかると思う人は、定期配送の会社でサーバーをレンタルすると便利です。それに対して、必要な量の水を必要な時に利用したいと考える人であれば、水の残りの量を見ながらその都度注文する方が向いています。水の使用量が少ない場合、定期配送だと余ってしまって困るというようなことにもなりますよね。この中から、どちらかの方法を選ぶことができるという会社もあります。どちらの配送方法にもメリット・デメリットがありますので、自分の水の使用量や希望に合わせてどのような形で配送してほしいのかを考えることも必要です。自分で買いに行かなくてもはこんでもらうことができ、便利な通販ですので、その方法にも違いがあることを知ってより便利に利用したいものです。